医療事務経験者に強い転職サイト活用でレセプト経験を活かす転職

      2017/02/12

医療事務の実務経験がある方に強い転職サイトをご紹介します。
特に、レセプト経験があるのならば、経験を活かして転職に活用したいサイトのご紹介です。
医療事務 経験者 転職サイト
経験者に強い転職サイトは人材登録系の求人サイトです。実際に企業側からオファーがあったり、エージェントから応募企業の紹介などがあるので転職で利用しないのは、とても損です。

 

レセプト業務は、医療事務としてもっとも評価の高い実務経験です。もし、転職を考えているならばハローワークとか一般の求人サイトだけで転職先を探すのはもったいないことです。
あなたの経験を、より活かすことができるように求人サイトの活用方法をお伝えいたします。

 

レセプトができるということは他の病院へ転職するばあいとても強みになります。今、あなたがスキルアップとか待遇面などの問題で転職を考えているのならレセプト業務の経験をアピールしないことは損です。

 

普通の応募者は履歴書とは職務経験に「レセプト経験」と書いているだけです。それ以上にもったいなのは「〇〇医院で医療事務〇〇年経験」など。非常にもったいないです。「えっ、でもどうやって。履歴書の職務経験に書くだけじゃダメなの?」と、思いましたか・・・

 

もちろん、ダメじゃないです。でも、それだけじゃもったいないです。

 

あなたの医療事務の実務経験がアピールしきれません。もしおなじ求人先への応募で同様の実務経験をもっている方が応募していたら、選考面で優位に立つことはむずかしくなってしまします。ハローワークはもちろん、求人誌とか一般の求人サイトからの求人応募は「書類選考→面接」の流れが一般ですから、ご理解いただけますよね。

 

あるいみ、求人情報からの応募は「受身の転職方法」と思います。あたりまえの話ですが、求人先の病院へ応募しなければなにも始まらない。しかも、応募後には、書類選考に通らなければ、せっかく時間をかけて書いた履歴書や職務経歴書も無駄になってしまいます。

 

レセプト経験を活かす

医療事務の求人の大多数は欠員補充です。なので、レセプト業務の経験は即戦力として優遇されます。しかもレセプト業務の実務経験を優遇するのは一般の病院だけではありません。

 

一例としては、新規開院のオープニングスタッフ。医事業務代行会社の派遣スタッフや訪問看護ステーションでの仕事などがあります。いずれにしても、レセプト業務の経験者は即戦力として、とても求められている人材です。なので、転職するならば、あなたの実務経験を最大限に強みにして頂きたいです。

 

実務経験を最大限に強みにしての転職方法は、人材登録サイトへの登録です。人材登録サイトに登録すると、あなたの経験を求める企業からオファーが望めます。

 

自分では考えてもいなかった企業からオファーが来ることがあります。なので、レセプト業務の実務経験があって転職を考えているのなら人材登録サイトへの登録はメリットはあっても損しません。

 

経験を大切に活かせる転職方法だと思います。

 

医療事務経験者に強い転職サイト活用でレセプト経験を活かす転職-おわり

 - 転職・仕事探しに役立つテクニック , , ,