診療報酬請求事務能力認定試験の試験と通信講座情報

      2016/05/26

診療報酬請求事務能力認定試験の試験対策についての通信講座を調べてみました。評価が高い割に試験対策の通信講座が少ないことも、診療報酬請求事務能力認定試験特徴かもしれません。

診療報酬請求事務能力認定試験の独学
多々ある医療事務の資格のなかで、ダントツで評価が高い資格が『診療報酬請求事務能力認定試験』です。診療報酬請求事務能力認定試験に合格していると言うことは、収入の要である、レセプト業務についての能力を備えている証になるからです。

 

もちろん電子レセプトの普及率が90%以上を占める都道府県と市町村は多いです。今更、手書きレセプトなんて出来ても必要ない。との意見もネット上では多々聞きます。

 

実際の求人では診療報酬請求事務能力認定試験の合格は評価高いです

採用側の医療機関とか医師の評価が高いことは事実です。正職員はもとより、パート職の募集でも優遇されていたり必要な資格となっていることは珍しくありません。

 

ただし、意外に診療報酬請求事務能力認定試験の試験対策講座は少ないです。

 

なので、こちらの記事で書いたように独学で診療報酬請求事務能力認定試験を受けるという方法もあります。ただ、毎日忙しく試験勉強のために一定の時間が取れないとか、自分に合った良い参考書とか問題集が見つからないなら、通信講座の選択は正解だと思います。

 

診療報酬請求事務能力認定試験の通信講座ならヒューマンの理由

診療報酬請求事務能力認定試験の合格対策として通信講座を選ぶなら『ヒューマンアカデミーの通信講座』がいいと思います。と言うか、ここしかないかも。その訳は・・・

 

理由の一つには、ヒューマンアカデミーでは『診療報酬請求事務能力認定試験対策講座』とはっきり明記している講座があることです。

 

これは、有名なニチイ学館さんとかソラストさんの講座でも無いです。むろん、ユーキャンさんとかケイコとマナブの様な趣味と仕事の資格が一緒になったサイトにも。

 

なので通信講座を利用して診療報酬請求事務能力認定試験を受験するなら合格率の高い『ヒューマンアカデミーの通信講座』は別格の扱いです。

 

診療報酬請求事務能力認定試験通信講座

とは言っても、おいおい本当ですか?と疑問もあると思います。ただ、講座の資料は無料で取り寄せることが出来ますので、実際に手にとって講座の中身を確認してみるのも一つの手です。
⇒『最大3つの医療事務認定試験合格を目指せます!』と、検索してみてください。

 

 

診療報酬請求事務能力認定試験の試験と通信講座の見つけ方-おわり

 

 

 - 転職・仕事探しに役立つテクニック, 医療事務資格 , , , , , , , , , , ,