医療事務で働くなら最低限知っておきたい面接で重要視されるポイント

      2016/05/25

医療事務の面接で重視される事とは。
医療事務で働くことを考えているなら、ぜひ知っておいて欲しい『医療事務で求められる人材』のことです。
医療事務 面接

これを知っているか?しらずにいるかによって、履歴書の評価はもちろん、面接結果にも大きく影響することも。医療事務だけではないですが、求人面接に通るためには『働きたい業界・業種が求める人材』を知ることが大切です。

 

もちろん、そのような人材を知ったからといっても、すぐに真似できるわけではありません。ですが、努力して近づくとか目標にするとかはできます。面接試験は応募者側が試される一方のものではないです。

 

そのためには、求人側が求める人材を演じることも考え、実行することも必須です。

 

採用されてなんぼ・・・言い方は良くないですが、働き先が決まらないよりは働きながら勤め先が求める人材像になればよいという提案です。

 

医療事務の面接で必要とされる人材を演じるために必要なこと

医療機関が必要とする人材は『コミュニケーション能力が高いこと』と『向上心をもっていること』です。そして医療事務ではたらきつづけるなら『ストレスに強いこと』が、条件になります。

 

ただし、ストレスに強いは応募とか面接の際のアピールにならないと思いますので、参考程度にとどめておいてください。

 

医療事務の面接で求められる『コミュニケーション能力』

医療事務のコミュニケーション能力は二つに分けられます。

 

一つは患者様に対してのコミュニケーション能力です。医療機関はある意味、販売業や接客業です。患者様は数多くの病院から自院をえらんでくれて、来院されてくれます。

 

その、患者様を一番最初に出迎えるのが窓口となる医療事務職です。なので、その患者様の不安や心配を十分に心得たうえで気持ちのこもった対応をすることができるコミュニケーション能力が必要とされます。

 

また、一緒に働く医師や看護師さんとのコミュニケーションも大事です。医療機関の主役は医師や看護師さんです。医療事務の役割としては患者様が医師や看護師には直接言えないことをつたえる役目があります。

 

患者様は医師や看護師には言えなくても、窓口の事務職には気軽に聞けることもあります。そのさいに自身で答えることが出来る質問ならばそのまま答えることが望ましいです。が、医師や看護師でなければ答えることのできない質問もあります。

 

そのような場合にも、医師や看護師さんとのコミュニケーションを常にとっていると患者様へ医師や看護師を通じて答えることができるからです。

 

医療事務の面接で求められる『向上力』

医療業界は常に進歩をしている業界です。一例として、医療事務においても2年にいちどの診療報酬制度の改訂のたびにレセプトの見直しが必須となります。

 

そのような仕事環境ですから常に、『より良い仕事をするてために、いまの自分がもっていない能力』をもとめる継続的な学習や自己研鑽などの向上力が評価の対象ともなります。

 

医療事務の面接で求められる『ストレス耐久力』

ストレス耐久力は、医療事務の面接ではアピールにななりません。ですが、医療事務で働くことを考えるならば絶対に必要な資質です。

 

医療事務では『コミュニケーション能力が大事です』とは言いましたが、患者様によっては不可解なクレームを言われることもあります。自分的には落ち度は考えられないのになぜ?なんてことは多々あることです。

 

しかも、身内からの攻撃もあります。病院の主役となる医師は国家試験でも頂点に立つ仕事資格です。また看護師も国家試験です。医師、看護師とも緊張感をもって仕事にあたっています。

 

その結果というか、そんなんだからこそ。との理由なのでしょうか?現状、医療事務で働いている方の多くはストレスに対する能力も働くためには大切と言っています。

 

医療事務の面接対策で『結構ありがちな質門と、その回答の方法』についての対策に参考になるサイトを一つご紹介です。

 

こちらです⇒医療事務の求人

 

医療事務で働くなら最低限知っておきたい面接で重要視されるポイント-おわり

 - 医療事務の求人事情 , ,